女性の薄毛細毛について

 

「女性の薄毛」の原因・要因は大きく分けて2つです。
①女性ホルモン分泌量低下により男性ホルモンが相対的に増加して、「軽い男性型脱毛症」となっている可能性があります。(女性も副腎で男性ホルモンを作っており、通常でも男性の約10分の1程度血中にあります)
②頭皮の血行不良です。これにはいろいろな要因がありますが、現在頭皮の色が「青白くなくて赤みを帯びている」状態であれば血行不良を起こしています。


⇒確実に薄毛を改善する方法はこちら

 

「軽い男性型脱毛症」の治療については、女性ホルモンを増加させましょう。女性ホルモンと言えば「エストロゲン」です。大豆イソフラボンの摂取はエストロゲンに似た働きをしますので、とっておきのアイテムです。
私が毎日実施していることを紹介すると、「豆乳」を食事時にお茶代わりとして飲んでいます。

 

また、女性の身体はデリケートです。ちょっとしたホルモンバランスの乱れが変調をきたすことがあります。レディースクリニックに相談されてみてはいかがでしょうか。血液検査によるホルモン分泌量の確認、それに基づく女性ホルモンの投与などの医学的処方には、すぐれた効果があります。

 

血行不良は薄毛を助長する要因となります。毛母細胞への栄養素の供給不足となるからです。
漢方医学では毛髪のことを「血余(けつよ)」と言い、「血が余るほどあれば毛髪は生えてくる」という意味だそうです。

 

「頭皮の血行不良」の治療については、外用として女性用ロゲイン等のミノキシジル塗布による血行改善、内用として血行をよくする食事に取り組みましょう。にんにく、しょうが、ねぎ、唐辛子は体を温め血行をよくする食材です。献立の工夫をしてみてはいかがでしょうか。内的なものは継続して身体に効きます。末梢血管の血流を増加させましょう。

 

私ごとですが、夫が長年薄毛に悩んでいたことや私自身が加齢で髪のボリュームが少なくなってきたこともあって、抜け毛・薄毛に関する本や情報商材を多数購入し試してきました。(夫は「リーブ××」経験有→効果無)
個人的には、「毛髪アンチエイジング~ロハス」という本がお気に入りです。とても参考になりました。



⇒確実に薄毛を改善する方法はこちら